1社だけでは不安

未分類 0件のコメント

名刺借地権の相談を行う場合、本当に信頼できて知識も豊富な不動産屋であれば、完全に任せてしまっても問題はないでしょう。しかし、きちんとこちらの相談に乗ってくれない、任せてほしいというばかりで納得のいく説明がない場合には、たとえ依頼した後であっても別の不動産屋に相談をしてみるのがよいでしょう。借地権に詳しい不動産屋であれば、依頼後であっても相談に乗ってくれます。

逆に別の不動産屋に相談をすることで、依頼した不動産屋のいい加減さがはっきりとわかる場合もあるのです。また、借地人と地主でもきちんと相談を行い、連携することがトラブルを回避することに繋がるでしょう。場合によっては借地人と地主で争いが発生してしまう可能性もあるので、トラブルを回避できるように第三者の不動産屋に入ってもらう必要があります。

相談をしなかったことが原因で、裁判になったら面倒なことになりますし、借地人と地主との間に不動産屋が介入していれば、回避できるトラブルも多々あるのです。本来であれば回避できるトラブルを避けることも、借地権売買では重要なことなので、相談することは大切です。ただし、信頼できる不動産屋に相談をしないと、逆にトラブルを引き起こす原因になってしまうので注意しましょう。