未分類 0 Comments

不動産というのは大金が動くので、トラブルになった場合には裁判になることも多いと言えるでしょう。そのため、不動産屋の中には、弁護士や司法書士などの専門家と連携している場合もあります。弁護士や司法書士と連携している不動産屋の場合には、借地権に関する相談を行った場合、より分かりやすく解説してくれる可能性も高くなっています。なぜならいろいろな専門家に相談ができるからです。

スマホ直接弁護士などの専門家に相談ができるわけではありませんので、通常は無料で相談ができます。もし料金を取られてしまう場合には、相談を避けた方がよいでしょう。相談をした内容を専門家に伝え、その回答をお知らせするという連携が一般的です。もちろん借地権に関する専門家が対応する場合が殆どなので、すぐに回答してもらえる場合が大半を占めていると言えるでしょう。

専門家と連携をしている業者に相談をする場合にも、まずは情報収集が必要になります。実際に相談師に出向く前にも、メールや電話で質問をすることが重要です。初めて相談する場合にはメールで行い、返信の早さや文章の分かりやすさなどで判断することもできます。その後に電話で質問をしてみて、対応に問題がなければ本格的に相談をしてみるのがよいでしょう。

未分類 0 Comments

借地権についてわからないことがあれば、まず相談をするのが基本なのですが、全く借地権について知らない人の場合、何を相談すればよいのかも分からないのが一般的です。よく新入社員に、わからないことがあれば聞くようにと指導する先輩や上司もいるでしょう。しかし、右も左もわからない人の場合、何をどのように聞けばよいのかすらわからないものです。このような場合にはどうするべきなのでしょうか。

不動産屋こちらに全く知識がないことを相談先に告げた場合、よいところであれば丁寧に説明してくれるでしょう。しかし、利益を重要視するような業者であった場合には、知らないのをよいことに、業者側の都合がよい内容ばかり伝える可能性もあります。そこで自分自身でもある程度勉強しておく必要があります。ある程度勉強をしたら、今度はどのような質問が多く寄せられているのか確認しておきましょう。

質問内容だけではなく、その業者がどのような回答をしているのかも重要な判断基準になります。質問内容だけが記載されており、回答が記載されていない場合には、同じ内容の質問をメールで行ってみましょう。メールでの相談を受け付けている業者もあるので、この点もよく確認しないといけません。質問内容もわかりやすく記載されていることが重要です。

未分類 0 Comments

名刺借地権の相談を行う場合、本当に信頼できて知識も豊富な不動産屋であれば、完全に任せてしまっても問題はないでしょう。しかし、きちんとこちらの相談に乗ってくれない、任せてほしいというばかりで納得のいく説明がない場合には、たとえ依頼した後であっても別の不動産屋に相談をしてみるのがよいでしょう。借地権に詳しい不動産屋であれば、依頼後であっても相談に乗ってくれます。

逆に別の不動産屋に相談をすることで、依頼した不動産屋のいい加減さがはっきりとわかる場合もあるのです。また、借地人と地主でもきちんと相談を行い、連携することがトラブルを回避することに繋がるでしょう。場合によっては借地人と地主で争いが発生してしまう可能性もあるので、トラブルを回避できるように第三者の不動産屋に入ってもらう必要があります。

相談をしなかったことが原因で、裁判になったら面倒なことになりますし、借地人と地主との間に不動産屋が介入していれば、回避できるトラブルも多々あるのです。本来であれば回避できるトラブルを避けることも、借地権売買では重要なことなので、相談することは大切です。ただし、信頼できる不動産屋に相談をしないと、逆にトラブルを引き起こす原因になってしまうので注意しましょう。

未分類 0 Comments

おばあちゃん借地権の売買は専門的な部分がとても多くなっています。そのため、専門の業者に相談することが重要です。ちなみに相談をするときには無料が一般的なので、料金と取る業者は殆どいないでしょう。全くいないという保証はないので、最初に電話やメールで問い合わせを行い、相談をしたいけど一切料金はかからないのですかと質問をしておくべきです。電話やメールで質問をしたときの返答によっても、その業者の良し悪しがある程度判断できます。

基本的に借地権の相談も不動産屋で行うのですが、不動産屋にもいろいろあります。契約を取ることを優先し、重要な点を隠して契約をさせ、後になって裁判に発展するケースもあるのです。借地権に関しても、不動産屋によって対応が異なる場合もありますし、売買金額に大きな開きが出ることも珍しくはありません。中には借地権に関しては全く取り扱っていないところもあるので、まずは借地権の売買を行っており、きちんとした知識を持っている不動産屋を探しましょう。

借地権に関する知識に乏しい不動産屋を避けるためには、やはり自分でもある程度勉強しておく必要があります。勉強とは言っても専門家ではありませんし、自分自身で調べるには限界があるので、インターネット上に記載されている借地権の情報サイトや書籍を利用して、重要な部分だけでも覚えておくのがよいでしょう。そうすれば不動産屋選びにも役立ちます。当サイトでは借地権に関しては、相談をすることが大切だと多くの人に知ってもらうための情報を記載しています。